www.flickr.com
golighly_inc's items
Go to golighly_inc's photostream

MOMからMTM06へ

2010年11月15日3:46 am

Make: Tokyo Meeting 06

Make: Ogaki Meeting 会場

時間のたつのが早い!早すぎる!
9月25日、26日に岐阜県大垣市ソフトピアジャパンで、Make: Ogaki Meetingが開催されました。Make: Meeting 初の地方開催です。主催もオライリー・ジャパン社、岐阜県といえばIAMASとかがメンバーになっている実行委員会形式で、弊社は事務局スタッフとして関わらせていただきました。
最初は出展者数は60組くらい集まったらいいよねー、と言っていたところ、フタをあけてみたら、100組になりました。また、いつもTokyo Meetingに出していただいていてる常連さんが何人も遠方からかけつけ、出展していただいたり、Makerの方々の情熱にまたもや圧倒されました。
初参加の編み師の方々は、会場一階にある金色の織田信長像をニットでハッキング。その圧倒的な手さばき(編みさばき)と爆弾的かわいさとユーモアが会場で異彩を放っていました。また、忘れられないCraftwife+Kaseo+さんたちのライブ。いつも以上の気合いの入れ方、作り込み方で、ホームグラウンドのパワーと実力を見せつけられました。米本さんの関西の電力の周波数を逆手にとった特殊ライブも最高でした。とにかく人の入りを心配していたサウンドイベントは大盛況で、一時はコアなファンと家族連れで満席、ドアが閉められないほど。(あのー、やっていることはかなり特殊音楽で、J-POPとかじゃないんですけどー)その他、ひとつひとつ書き出したらとまらないくらい、面白い出展者さんたちがいっぱいで(高専の生徒さんも多数参加されたので、平均年齢若返っていたかも?)ここにはとても書ききれません。今回のMOMがすごく面白かったのは、こういったコアなMaker さん、クリエイターや研究者、その一方で地元の家族連れ、おじいちゃん、おばあちゃんが皆楽しみながら、このイベントに参加していただけたということです。ITとモノづくりとエンジニアリングと教育とアートと地域貢献と、そのすべてが同じ一本の文脈にのっかった、どっちを向いてもwin winな希有なイベントとなりました。二日間で4000名を数えたご来場者、出展者の皆様、本当にありがとうございました。

Make: Tokyo Meeting 06

Make: Tokyo Meeting 06

そんな熱気がまださめやらぬうちに、次のMake: Tokyo Meeting がもうこの週末に迫っています。今年は年3回もMake: Meetingをやるんです。まだいらしてない方、そしてクセになっちゃっている方、どうぞお見逃しなく。
日時:11月20 日(土)12:00 ~ 18:00、21 日(日)10:00 ~ 17:00
会場: 東京工業大学 大岡山キャンパス(東京都目黒区大岡山2-12-1)
入場料:無料

詳細はこちらまで→http://www.oreilly.co.jp/mtm/06/ http://jp.makezine.com/blog/

- fukuda

Tagged:



meta